想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

平成最後の野菜総括 タキイ種苗2018年12月14日

一覧へ

 タキイ種苗は全国の20~69歳の男女を対象に、野菜に関する調査を実施。今年の総括に加え、平成最後の節目の年として30年間の振り返りを発表した。

タキイ種苗「野菜の総括」_ファイトリッチイメージ画像 同社がインターネットで行った調査には、310の有効回答が寄せられた。その中で2018年を総括した調査では、
▽今年は例年に比べて野菜の値段が高かったと思うか=思う77%、思わない3.2%と昨年より12.2ポイント高かった。
 気候の変化や災害が多かった1年で、野菜の価格にも影響を与えた。
▽例年に比べて高いと感じた野菜は=キャベツ39.0%、ハクサイ33.5%と続いたが、キャベツは「今年食べる機会が多かった野菜」「値段が高くても買う野菜」で1位に。キャベツは価格が上がっても、根強い人気があった。
 また、平成30年間を振り返った質問で
▽流行った野菜=パクチー50.3%、アボカド43.9%、フルーツトマト32.6%だった。
 このほかの問い「平成を代表する野菜」「平成になってから定着した野菜」でも同じ野菜がランクインした。
▽野菜に関する思い出は=ここ数年で聞いたこともないような野菜を見るようになった(20代男性)、昔はトウモロコシをおやつ代わりに食べていたと言ったら子どもたちに驚かれた(60代男性)、サラダ400gというメニューは野菜の種類も豊富で美味しく、例にもれずインスタにアップしたが、すぐに空腹になってデザートを食べた(30代女性)など、様々なエピソードがあがった。

 

(関連記事)
ネギで風邪を吹き飛ばそう! タキイ種苗(18.11.27)
肉質緻密で甘みが強いネギの新品種「名月一文字」 タキイ種苗(18.11.27)
京都・都野菜加茂で京丹後産「ファイトリッチ」野菜を提供 タキイ種苗(18.11.13)
GABAが豊富なトマト販売 タキイ種苗(18.11.12)
トマトの日に小学校で山陰初の食育授業 タキイ種苗(18.10.11)
ラディッシュの新品種「ニューコメット」発売 タキイ種苗(18.09.14)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る