野菜・果物 ニュース詳細

2019.02.13 
新種レモン、キンカンの普及と販促を強化 農研機構一覧へ

 農研機構は3月1日、東京・台東区民会館でレモン「璃の香(りのか)」、種なしキンカン「ぷちまる」などの特性や産地の取り組みを紹介するセミナーを実施する。

 農研機構は、新開発したカンキツの普及と加工・業務用の利用拡大を目指し、関係者を対象に無料のセミナーを実施する。
 日向夏とレモンを交配し、かいよう病に強く栽培しやすくなったレモン「璃の香」と、種がほどんど入らず食べやすい上、果皮の甘味が強く苦味がないキンカン「ぷちまる」を試食し、新たな商品づくりについて意見を交換する。
 開催は3月1日13時30分から、東京都台東区の台東区民会館・8階第2会議室で実施。定員は80人で、カンキツ有望品種マッチングセミナー(申し込みフォーム)から応募できる。締め切りは2月22日。
◎プログラム
13:35~カンキツ有望品種(レモン「璃の香」、種なしキンカン「ぷちまる」)の紹介 吉岡照高氏(農研機構果樹茶業研究部門カンキツ研究領域)
14:20~香川県高松地区におけるカンキツ新品種導入の取組について 上原佑介氏(香川県農業協同組合東部果樹振興センター)
14:40~徳島県におけるほとんど種が入らないキンカン「ぷちまる」の取組について 安宅雅和氏(徳島県立農林水産総合技術支援センター高度技術支援課)
15:00~交流タイム(果実及びケーキ等の加工品の試食)
15:30~意見交換
 詳しくは、カンキツ有望品種マッチングセミナーの開催について(専用サイト)で。

 

(関連記事)
カンキツ研究拠点を一般公開 農研機構(19.01.16)
骨の健康維持に静岡みかんを JA静岡経済連がPRイベント(19.01.16)
【現場で役立つ農薬の基礎知識2018】果樹カメムシ防除のポイント 飛来初期の低密度時に防除を(18.07.23)
【現場で役立つ農薬の基礎知識 2018】ミカン主要病害虫防除のポイント(18.05.09)
ウンシュウミカンの全ゲノムを世界で初めて解読 農研機構(18.02.22)
【果樹カメムシ防除のポイント】飛来初期・低密度時に防除(17.07.11)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ