金融・共済 ニュース詳細

2017.09.11 
人工知能活用で実証実験-農林中央金庫一覧へ

 農林中央金庫は9月8日、フィンテック(ICT等を駆使した金融サービス)に対応するため、人工知能(AI)技術を活用した実証実験を開始すると発表した。

 農林中央金庫は国内で初のフィンテック(Fin Tech)スタートアップ企業集積拠点のFINOLAB(運営:三菱地所、電通、電通国際情報サービス)へ企業会員として参画し、海外ではシリコンバレーでスタートアップ企業の育成や支援を行うPlugand Play LLCとパートナーシップ契約を締結して情報収集を行っている。
 今年7月にはデジタル技術の活用による業務変革に向けデジタルイノベーション推進部を設置した。
 今回の取り組みは農林中金とグループ内の業務効率化をめざして企業と連携して実証試験を行うもの。具体的には▽財務書類の手書き文字読み取り(AL inside株式会社)、▽リテール業務の事務にかかわるグループ内部の照会応対(株式会社グルーヴノーツ)、▽貸出取引システムにかかわる農林中金内部の照会応対(株式会社Studio Ousia)を行う。

(関連記事)


JA貯金 100兆円突破-農林中央金庫(17.07.26)


役員異動 農林中央金庫(6月21日付)(17.06.23)


専務3名にも代表権-農林中央金庫(17.05.25)


JAカード(株)を設立-農林中央金庫(17.05.16)


JA貯金 伸び率2.6%-農林中央金庫(16.11.28)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ