農薬 ニュース詳細

2017.02.23 
殺虫剤「ミネクトデュオ粒剤」発売開始一覧へ

シンジェンタ

 シンジェンタジャパン(株)(本社:東京都中央区、篠原聡明代表取締役社長)は、2016年3月16日に農薬登録を取得した新規殺虫剤「ミネクトデュオ粒剤」の販売を、2017年2月22日から開始した。

新規野菜用殺虫剤「ミネクトデュオ粒剤」 「ミネクトデュオ粒剤」は、2016年12月14日付で、「トマト(アザミウマ類)」「キュウリ(アザミウマ類)」をはじめ、「キャベツ」「ハクサイ」「ブロッコリー」「レタス」「ナス」「ピーマン」の害虫と使用時期の適用拡大を取得した。
 同剤は、ジアミド系の新規殺虫成分シアントラニリプロールと、ネオニコチノイド系殺虫成分チアメトキサムを組み合わせた野菜用殺虫剤だ。
 スペクトラムが異なり、吸収移行性に優れた2成分を組み合わせることで、果菜類・葉菜類の栽培初期において、問題となる幅広い主要害虫防除を1剤でカバーすることが可能になった。
 同時に、果菜類の鉢上げ時、葉菜類の播種覆土後から使用できる安全性と、育苗期はもちろん、定植後数週間にわたって続く長期残効性の両立を実現した。
◎「ミネクトデュオ粒剤」の特長
○幅広い殺虫活性があり、チョウ目、コナジラミ類、アザミウマ類、アブラムシ類、ハモグリバエ類といった主要害虫をもれなくカバーできる。
○残効性が高く、果菜の鉢上げ時・葉菜の播種覆土後の処理で、育苗期はもちろん、果菜は定植後約3週間、葉菜は定植後3~4週間にわたり効果が持続する。
○鉢上げや播種覆土作業に合わせて処理できることから、省力化・労力軽減を図れる。
 発売初年度は、果菜類(トマト・キュウリ・ナス・ピーマン)、葉菜類(キャベツ・ハクサイ・レタス・ブロッコリー)の普及活動を行い、全国的な販売を視野に、幅広い推進活動を行っていく。
 「ミネクトデュオ粒剤」は、シンジェンタジャパン(株)が、商系、系統ルートを通して、2017年2月22日より販売する。販売規格は3kg×6袋。
 ※この商品に関する問い合わせは、シンジェンタジャパン(株)TEL:0570-550-042 MAIL:campaign.jp@syngenta.comまで。
(写真)新規野菜用殺虫剤「ミネクトデュオ粒剤」

一覧はこちら

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ