農機・資材 ニュース詳細

2017.11.28 
欧州規制に適合 小型ディーゼルエンジン クボタ一覧へ

 (株)クボタは、2019年から始まる欧州ノンロードディーゼル第5次排出ガス規制に対応する、19KW未満(25.5馬力相当)の小型ディーゼルエンジン11型式の認証を取得した。

 (株)クボタ(本社:大阪市浪速区、木股昌俊社長)はこのほど、地球環境保全意識が高まるなか、さらなる環境負荷低減を目指し、欧州ノンロードディーゼルの第5次規制(EU Stage V)に対応する小型ディーゼルエンジンの認証を取得した。

nous1711280101.jpg(写真)産業用水冷ディーゼルエンジン「D902」

 
 このエンジンは、同社のトラクタ・コンバインや建設機械に搭載されるほか、海外の大手建設機械・産業機械メーカー、発電機・溶接機メーカーなどにOEM供給される。
○認証概要とEU Stage V
・認証取得日:2017年10月27日
・認証モデル:産業用水冷ディーゼルエンジン11型式
・EU Stage V:欧州においてノンロード移動機械に搭載されるエンジンに対する新しい規制
日米欧の現行4次規制より、もう1段階厳しい規制であり、これまで19KW未満(25.5馬力相当)のディーゼルエンジンは規制対象外だった。

○問い合わせ先:エンジン事業推進部
○TEL:06-6648-3510

(関連記事)
ホウレンソウの調整作業を簡単に 農研機構(17.10.24)
JA全農が農機メーカーに開発要求(17.10.02)
「直進キープ機能付田植機」業界各賞を受賞 クボタ(17.05.09)
小規模経営に対応 トラクタ・NB21スペシャル機を発売 クボタ(17.04.17)
田植機アタッチメント「鉄まきちゃん」で省力化実現 クボタ(17.04.14)
クボタ 農業用ドローン 市場に参入(16.09.15)

一覧はこちら

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ