人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

若者たちのスタートアップ。ローマの野菜料理専門店 『Impact Food』ローマ在住ジャーナリスト・茜ヶ久保徹郎【イタリア通信】2024年3月16日

一覧へ

『Impact Food』

最初にこの店の話を聞いた時には「場所はローマの高級住宅街Parioliの近く、最近流行りの気取ったヴェジタリアンの店」だと思い取材に行きました。しかし店に入ってみると、シンプルな内装で昼はファストフード式。夕食になるとテーブルサービスが付くが値段は変わりません。

『Impact Food』

私自身は野菜や果物が大好き、食費の中で八百屋への支払いが一番多いようです。しかし肉も好き、1日に一度は肉系のものを食べています。そして肉もどきのハンバーグやステーキ、大豆から作るミルクやチーズもどきなどを「菜食主義ならば、何も無理をして肉やチーズに似せなくてもいいだろう」と思っていました。

『Impact Food』

そこで店の責任者であるアレッサンドロさんに「なぜ植物食か」と尋ねると:
「私は環境にやさしいステーキハウスを目指し同じ考えの仲間と1年前に Impact Corp を設立しこの店を始めました。私は27歳、仲間もみな20代です。なぜ植物料理かというと、動物の飼育は水をたくさん使いCO2を大量に出し環境の汚染につながるからです。そして『肉』でなく『肉もどき』で十分に美味しい料理が作れることを証明するためでもあります。そしてまた私たちは来店してくれる客に、私たちが提供するものをより深く理解してもらう必要があると考えています。

『Impact Food』最近「培養肉」に関する議論が盛んになり、我々が活動する分野、つまり「未来の食品」とされる環境への影響が少ない食品に注目が集まっています。 だからこそ、Impact food は、イタリアの現状を説明し理解を深めてもらおうと考えたのです。現在「肉もどき」の市場、または我々が「肉の進化」と定義する市場は、「持続可能」であるとの意識が高まっているため飛躍的に成長しています。これは地球を守ることを目的とした選択の問題です。私たちの目的は、あらゆる行動、この場合は特定の種類の製品を食べることが、日常的にどのように環境にプラスの影響を与え、循環的な持続可能性を生み出すことができるかを認識してもらうことです。

インパクト・フードの使命は、自然と生命を尊重しながらも、私たちが慣れ親しんでおり、これまで評価してきた味を放棄することなく、環境への影響が少ない食品を選択することです。 もしかしたら、新しいものを発見することさえあるかもしれません。実際、このアイデアにより、人々が食べる楽しみを諦めることなく、情報に基づいた方法で製品を選択できるようになります」

『Impact Food』

このレストランを開いた若者たちは私が考えていた「動物愛護の為」や「健康のため」のヴェジタリアン、ビーガンでなく、地球の将来までを見据えて環境問題に取り組んでいる人たちでした。
店のメニューの肉もどき食品には、肉の代わりこれを食べることによって節約できる水とCo2の量がパーセントで書かれています。

肉もどきを使ったハンバーガーを試食してみましたが結構おいしくて、知らなければ肉ではなかったことに気づかなかったかもしれません。
ちなみに私が食べたハンバーガーの節約量は、水 : 97%、Co2 : 90%と書かれていました。

『Impact Food』

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る