人事・機構改革 詳細

2014.11.12 
【事務所移転】ダウ・ケミカル(11月10日付)一覧へ

 ダウ・ケミカル日本は、ダウ日本開発センターを神奈川県川崎市から同横浜市へ移転し、11月10日から運営を開始した。

 新しい開発センターは、今年8月に開設された澁澤ABCビルディング1号館内に開設した。旧センターと比べて敷地面積が広がったため、今後はサービス内容の拡張を検討していくという。これまで提供してきたサービスはすべて維持するとともに、包装技術や自動車用途など日本市場に向けた技術サービスの拡充に努める計画だ。
 ダウ・アジア太平洋最高技術開発責任者のウエイガン・ヤオ氏は、「(新センターは)日本における用途開発や技術サービスを提供する上で重要な拠点となる。世界的なダウの研究開発ネットワークを生かし、低炭素、省エネルギー技術分野における開発など地域のニーズに取り組むことで、持続可能な産業の発展に貢献していく」とコメントした。
 ダウ・ケミカル日本代表取締役社長のピーター・ジェニングス氏は、「ダウは、日本での事業基盤の拡大や顧客とのパートナーシップを築いてきた長い歴史がある。オリンピックの公式化学会社であるダウは、開発センターの移転を契機として、日本の顧客、開発パートナーとより密接な協力関係を築いていく」と、新センターの役割への期待を述べた。

【ダウ日本開発センター】
○住所:神奈川県横浜市神奈川区恵比須町1 澁澤ABCビルディング1号館5階
○TEL:045-565-5600(代表)

 

(関連記事)

青果物の鮮度保持技術など売却 ダウ・ケミカル(2014.10.10)

次世代科学者の育成プログラムに参加 ダウ(2014.04.08)

新規殺虫剤が好調 ダウが2013年通期業績(2014.02.07)

売上高137億ドル ダウ・ケミカル第3四半期(2013.10.29)

2020東京五輪を祝福 ダウ(2013.09.24)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ