金融・共済 ニュース詳細

2013.08.27 
A-FIVE、新たな支援先4件を決定一覧へ

 (株)農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)は8月26日、新たにサブファンド4件への支援を決めた。

 今回支援が決まったのは次の通り(サブファンド名(県名)主な出資者・出資総額(※うち半額がA-FIVEからの出資))。
▽紀陽6次産業化投資事業有限責任組合(仮称)(和歌山)紀陽銀行、みずほ銀行・10億円
▽常陽 大地と海の成長支援ファンド投資事業有限責任組合(仮称)(茨城)常陽銀行、常陽産業研究所・10億円
▽ひろしまアグリ振興 投資事業有限責任組合(仮称)(広島)広島銀行、広島信用金庫、みずほ銀行・10億円
▽百五6次産業化 投資事業有限責任組合(仮称)(三重)百五銀行、みずほ銀行・5億円
 今回の決定により、これまでで合計で26サブファンド(総額555億円)の支援が決まったことになる。このうち、地域の金融機関が出資主体となっているサブファンドは20となった。

 また、現在、5つの新たな支援先候補についてパブリックコメントを募集している。
 候補となっているのは、埼玉りそな銀行などが計2億5000万円出資する「埼玉りそな6次産業化応援ファンド投資事業有限責任組合、岡山県の中国銀行などが計2億5000万円出資する「ちゅうぎんアグリサポートファンド投資事業有限責任組合」、宮崎銀行などが計5億円出資する「みやぎん6次産業化投資事業有限責任組合」、香川銀行と徳島銀行などが計2億5000万円出資する「トモニ6次産業化サポート投資事業有限責任組合」、栃木の足利銀行をはじめとした8の信用組合が計10億円出資する「とちまる6次産業化成長応援ファンド投資事業有限責任組合」の5つ。
 パブリックコメントはEメール、郵便(〒100-0004東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアウエスト20階)、FAX(03-5220-5778)のいずれかで、9月4日17時まで受け付けている。


(関連記事)

A-FIVE、新規支援先1件を決定(2013.07.31)

A-FIVEとジェトロが業務提携(2013.07.30)

長野県松本市で「6次産業化シンポジウム」(2013.07.09)

A-FIVE-J、新規支援先1件を決定(2013.06.26)

「食の6次産業化プロデューサー」初の個人認定(2013.06.05)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ