金融・共済 ニュース詳細

2015.01.14 
日本共済協会が『ファクトブック』刊行一覧へ

 日本共済協会は昨年末『日本の共済事業 ファクトブック2014』を発行した。

共済協会ファクトブック 同協会が毎年発行している「ファクトブック」では、国内の主要な共済団体の2013年度事業概況、協会の会員団体の活動などを紹介している。また、資料として、日本の共済事業の歴史や、1995年の協同組合のアイデンティティについてのICA(国際協同組合同盟)声名、共済の基本用語集などを掲載した。
 2013年度の主要団体の事業概要は、組合員数は7648万人(前年度比1.6%増)と増えたものの、契約件数は1億5476万件(同1.2%減)と減った。共済金額は1073兆8758億円(同2.2%減)。受入共済掛金は8兆1218億円(同9.5%減)と1割近く減った一方、支払共済金は4兆6035億円(同4.5%増)と増えた。総資産は59兆9141億円(同3.3%増)だった。
 A4版フルカラーで、全44ページ。「ファクトブック」は日本共済協会ホームページで全ページ無料で公開されている。


(関連記事)

JA共済 書道・交通安全ポスターコン入賞者決定(2014.12.26)

がん治療の先進医療を保障 JA共済(2014.12.04)

新契約減少するも基礎利益は増加 JA共済連 (2014.12.04)

障がい者支援のTV-CMを放映 JA共済連(2014.12.03)

【インタビュー】日本農業とJA共済の役割 安田舜一郎・JA共済連経営管理委員会会長(2014.05.16)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ