米・麦・大豆 ニュース詳細

2014.10.30 
米国との協議でコメの重要性強調-甘利氏一覧へ

 10月29日に開かれた自民党のTPP関係会合で甘利明TPP担当相は米国との2国間協議で日本のコメについて「経済的にも政治的にも極めてセンシティブな問題」とフロマンUSTR代表に強調したことを明らかにした。

 この日の会合では小野寺五典衆議院議員(前防衛相)が「コメの値段が歴史的に下落し円安基調で畜産の飼料も高騰し農家経営は大変」と地域の現状を指摘し、党や国会決議を実現する交渉を政府側に求めた。
 これを受けて甘利氏はコメの状況については豪州出発前に高村副総裁、谷垣幹事長、森山TPP対策委員長らによる激励会で状況を聞いたという。
 そのうえで「この点は米国側に重要5品目のなかでも米がいかに大きな存在かよく話した。向こうが納得してくれたわけではないが、経済的にも政治的にも極めてセンシティブな問題であると(話した)」と明かした。
 さらに甘利氏は日本が進めようとしている農協改革、農業改革についても説明したと話し、これらの改革に「理解を示している人まで敵に回す危険性もあることも含めて相当な説明した。まだ着地点は見えてきていないがよくふまえて交渉する」と述べた。
 米国がコメの関税撤廃についても強く要求していることをうかがわせた。

 

(関連記事)

TPP閣僚会合 11月8日北京で開催(2014.10.30)

求められている協同組合精神の社会化 哲学者・内山節(2014.10.29)

TPP交渉、情報開示の徹底を 萬歳JA全中会長(2014.10.28)

農水省・JA全国組織へ要請 新世紀JA研究会(2014.10.28)

地方創生で地域は疲弊、「富」は中央が吸い取り 浜矩子・同志社大学大学院教授(2014.10.24)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ