米・麦・大豆 ニュース詳細

2015.03.27 
クボタと共同の米輸出開始 JA全農一覧へ

 JA全農と(株)クボタは1月に「米輸出に関する合意」を締結しているが、その取り組みのスタートとなる第1船目が3月28日に出港する。

コンテナに積み込まれる新開発の輸出専用フレコン これは全農が調達した原料玄米(新潟県産「魚沼コシヒカリ」16トン)を香港のクボタ現地法人に輸出するもので、3月25日に輸出コンテナに積み込まれ、28日に新潟東港から香港に向け出港する。
 この原料玄米の輸出には、新たに開発した輸出専用フレコンを使用し積載効率を上げている。また、産地の最寄港から出荷することで、物流コストの低減を図っている。
 クボタ現地法人はこれを現地搗精し、品質・鮮度を訴求して業務用需要を対象に精米販売する。

(写真)
コンテナに積み込まれる新開発の輸出専用フレコン

 

(関連記事)

パリ国際農業見本市でクボタのトラクタが受賞(2015.03.03)

共同で年間1万tの米輸出 JA全農とクボタ(2015.01.21)

27年産飼料用米60万t達成を(2015.01.20)

ICTで農作業・経営を効率化 アグリンピック(2014.12.15)

4条植乗用田植機「キュートスペシャル」新登場(2014.11.28)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ