Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

予約登録米の募集受付スタート パルシステム2015年4月22日

一覧へ

 パルシテスム連合会は27年産米の「予約登録米」の受付を始めている。

 平成5年の大凶作がきっかけとなって、食卓から米生産を支え生産者の経営安定や産地の環境保全につなげようと始まった予約登録米の仕組みは1995年にスタート。パルシステム独自の制度として今年で20年を迎える。 注文のあった銘柄の米を4週間に1度定期的に届けられる。家族構成によって量や配達頻度を選ぶことで精米したてのおいしい産直米を食べることができる。
 米の多くは安全性と環境保全にこだわったパルシテム独自の栽培基準で生産者が米づくりをしている。現在、JAなど産地は34。
 秋田県大潟村で米づくりをする花咲農園の戸澤藤彦代表取締役は「播種前契約がいちばんのメリット。売り先の心配がなく豊作でも全量買い上げ。経営を見通せるだけでなく、いい米を作るという米づくり職人としてのプライドを持って栽培に専念できる」と話す。
 登録数は年々増加し2014年は20万人を超えた。27年産から新たに「おまかせエコ・チャレンジ米」「おまかせコア・フード米」を加えた。全国の産地からそのときどきにエコ・チャレンジ基準で栽培された米が届けられる。次はどんな銘柄が配達されるか、お楽しみ企画だという。パルシテム連合会は「おいしさ、環境、たのしさで米の消費拡大していきたい」と話している。

(関連記事)

視覚障がい者用「声のカタログ」開始 パルシステム (2015.04.07)

米7tを福祉施設へ無償提供 コープネット (2014.12.05)

総供給高3カ月連続で前年超 生協10月度実績(2014.11.25)

加入から注文まで全てスマホで パルシステム(2014.11.18)

野菜相場低迷で「生産者応援セール」 コープネット(2014.11.13)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る