米・麦・大豆 ニュース詳細

2015.07.08 
東洋ライス 第54期決算発表 売上高は78億8700万円一覧へ

 東洋ライス(株)は7月2日、東京都中央区の本社において第54期(平成26年4月~27年3月期)の決算を発表した。

 第54期決算は、売上高78億8700万円(前期比18.7%減)と大幅減収となったが、税引前当期純利益は13億4800万円と微減ながら、ほぼ前期並みとなった。売上高の内訳は、金芽米などコメの売り上げが5割を超し、次いで精米機など機械類その他となる。
 この要因としては、精米機器の販売が大幅に落ち込んだ(前期比57%減)ことによるもので、米穀業界全体の停滞が響き、設備投資の案件が減少したことが挙げられる。
 一方、金芽米事業は順調で、日本の米消費量が減少し続ける状況下でも、金芽米の生産量は平成25年度の188%にあたる5万4000tに増加した。それに伴いBG無洗米の生産量も増加し、平成26年度は46万7000tとなり、これらを併せて精米機器事業のマイナス分を補って余りある進展をみせた。
 BG無洗米については、同社が無洗米のパイオニアメーカーとして、その普及を図り、コメのとぎ汁公害およびCO2排出の削減を行ってきた。BG無洗米製造の副産物「米の精」は有機質肥料・飼料として有効活用されており、循環型農業の実践や体験型環境教育の取り組みなどが評価され、同社は今年2月「第24回地球環境大賞 環境大臣賞」を受賞した。
 また同社の遊休地などを活用した太陽光発電事業は、各地で順調に設置・稼働が進み、当期は前期の2200万円を大きく上回る1億700万円の収入となった。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ