米・麦・大豆 ニュース詳細

2015.10.01 
26年産販売数量 集荷量の約8割-8月末現在一覧へ

 農林水産省は9月29日、8月の26年産米の相対取引価格や民間在庫量などを公表した。

 8月の相対取引価格は全銘柄平均で60kg1万1928円で対前月比▲0.2%となった。
 全国の集荷数量は344万tで8月末の契約数量は327万t(集荷数量の95%)、販売数量が272万t(同79%)となった。
 民間在庫は出荷・販売段階計で112万tと前年同月比で9万t多い。事前契約数量は99万t、集荷数量に対する比率は29%となっている。

(関連記事)

1等比率72.9%-27年産米、8月31日現在 (15.09.25)

・27年産米 1等比率67%-農水省 (15.08.24)

全国作況100の「平年並み」-米穀データバンク予想 (15.08.07

主食用米50万t需給改善-JA全農調べ (15.07.31)

早期米の作柄 高知県除き「不良」-17年ぶり (15.07.29)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ