米・麦・大豆 ニュース詳細

2016.02.03 
政府備蓄米 18万6000t落札-28年産政府買入れ一覧へ

 農林水産省は2月2日、28年産備蓄米の第1回政府買入入札結果を公表した。

 28年産の政府買入れ予定数量は都道府県別優先枠15万7500t、一般枠6万7500tの合計22万5000tとしている。
 第1回入札は1月29日に行われた。入札者は90者で57者が落札した。落札数量は18万6311t(優先枠11万8811t、一般枠6万7500t)だった。
 第2回入札は2月10日に行われる。政府買入予定数量は3万8692t。
 農水省は28年産の政府備蓄米買入入札について昨年12月3日に決めた。買入予定数量は毎年20万tが基本だが、25万tとしていたため2年間かけて20万tへ戻すこととし、28年産の買入予定数量は22万5000tとした。
 また、都道府県別優先枠についても、備蓄運営の透明性と財政コスト縮減のため一般枠を拡大していく方針とした。平成30年産米で都道府県別枠の比率が50%となるよう引き下げることにし、27年産では約80%だった優先枠を28年産では70%に引き下げ15万7500tとした。29年産では買入予定数量の60%、30年産で同50%とする。
 

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ