米・麦・大豆 ニュース詳細

2019.02.08 
マツコさん高評価 新ブランド米「合組」デビュー一覧へ

 ホクレン農業協同組合連合会は昨年末、北海道米をブレンドした商品「合組(ごうぐみ)」を発売した。

ホクレンから発売されたブランド米「合組」 ホクレンが発売した「合組」は、「ゆめぴりか」誕生10周年と「ふっくりんこ」誕生15周年を記念しブレンドされた新商品。両方の良さが引き立ち、炊きたてはつやがあって柔らかく、冷めても粘りが持続。お弁当や普段使いのお米に向いているという。
 同会の米穀事業本部米穀部主食課・松尾一平課長補佐は、「米業界ではブレンド米は低価格というイメージがあるが 、『合組』はそうではなく、少しでも高い価格で販売してもらうことを目指している。この価格帯で、付加価値のあるブレンド米を売ることは 、大きなチャレンジ」と語る。時間と手間がかかる新品種を生み出すより、消費者が買いたい価格・味・信頼を満たすブレンドという手法は、業界にも新たな風を吹き込んだ。

(写真)ホクレンから発売されたブランド米「合組」

 

 

2018年11月7日、東京都内で開かれた発表会でのマツコ・デラックスさん(左)とホクレン内田和幸代表理事会長(写真)2018年11月7日、東京都内で開かれた発表会での
マツコ・デラックスさん(左)とホクレン内田和幸代表理事会長

 

 ネーミングの由来は、製茶業界で使われている異なる産地・品種・特徴を持った茶葉をブレンドする「合組」からきている。それぞれの長所を生かすことで、味や香りを引き出し、より価値のある商品に生まれ変わる。昨年末都内で開かれた「合組」発表会で、CMにも出演しているマツコ・デラックスさんは「は? 何だこれ? ヒドい名前」と、超辛口のリアクションだったが、「『 ゆめぴりか 』と比べてモチモチ感や甘さが強くなく、いいとこ取りでおいしい」と高く評価。また、「いいものは、最初拒否されやすい。ヒット商品やロングセラーは拒絶反応があるもの。これは、何かがあるに違いない」とフォローも忘れなかった。

 

(関連記事)
マツコ・デラックス「今までで一番の出来」 新米「ゆめぴりか」(16.10.21)
CMで認知度2倍 北海道米の取り組み ホクレン(16.10.21)
マツコ・デラックスさんをCM起用 ホクレン(14.02.07)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ