Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:アクサーFL
JA三井リース中央(1)PC
JA三井リース中央(1)SP

小豆の作付け面積は対前年1800ha増 農水省統計2019年10月31日

一覧へ

 農林水産省は、10月29日、「令和元年産大豆、小豆、インゲン及びラッカセイ(子実用)の作付面積」を公表した。

 令和元年産の大豆、小豆、インゲン、ラッカセイ(乾燥子実)の作付け面積は次のとおり。

▽大豆=作付け面積は14万3600haで、前年産に比べ3000ha(2%)減少した。これは、他作物への転換などがあったため。

▽小豆=作付け面積は2万5500haで、前年産に比べ1800ha(8%)増加した。このうち、主産地である北海道の作付け面積は2万900ha(全国の約8割)で、テンサイなどからの転換により、前年産に比べ1800ha(9%)増加した。

▽インゲン=作付け面積は6860haで、前年産に比べ490ha(7%)減少した。このうち、主産地である北海道の作付け面積は6340ha(全国の約9割)で、他作物への転換により、前年産に比べ450ha(7%)減少した。

▽ラッカセイ=作付け面積は6330haで、前年産に比べ40ha(1%)減少した。このうち、主産地である千葉県の作付け面積は5060ha(全国の約8割)で、前年産並みとなった。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

DiSC:SP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る