想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

除草剤を使わずに雑草を抑制 「アイガモロボ」開発本格化2020年6月3日

一覧へ

山形県庄内地方でホテル業や教育事業、人材紹介業、農業の分野で事業展開するヤマガタデザイン(山形県鶴岡市)は6月1日、グループ会社の有機米デザイン株式会社が先月末までのシードラウンドで約6600万円の資金調達を完了し、本格的な開発フェーズに入ったと発表した。同社は、除草にかかる労力を効率化する画期的な農業用機械の開発に取り組んでいる。

除草剤を使わずに雑草を抑制する開発中の農業機械「アイガモロボット(仮称)」

除草剤を使わずに雑草を抑制する開発中の農業機械「アイガモロボット(仮称)」

有機米デザイン株式会社は、有機米の栽培における課題を解決し、農業者の所得向上と有機米マーケットの拡大に取り組んでいる。全国の農家が有機米栽培に取り組むハードルを下げるため、元日産自動車のエンジニア2人を中心に、農薬を使わない有機米栽培の大きな課題である、除草にかかる労力を効率化する農業用機械「アイガモロボ(仮称) 」の開発に取り組んできた。

水稲栽培では、10アール当たりの粗収益は有機栽培が慣行栽培に比べ2倍近くなる一方、労働時間は、およそ1.5倍となるなど、生産性に及ぼす時間的制約が大きな課題となっている。中でも除草にかかる労働時間は5倍近くになるとの報告もあり、ロボット化への期待が高まっている。実際、農業者の間では、「除草作業の手間だけで、有機農業をやめたくなるほど辛い」という声もある。

アイガモロボは、田植え後の水田を自律航行して、水中を撹拌し、泥を巻き上げることで光を遮り、水面下にある雑草の生長を抑制。これにより、除草剤を使わずに雑草が生えにくい状態をつくり、除草にかかっていた労力を大幅に削減できる。昨年の実験では、自律航行(制御機能開発など)や抑草効果の基本的な確認。今年度は、雑草抑制のメカニズム、駆動耐久実験、自動運転プログラムなどを研究開発するため、環境の異なる11県のほ場と協力会社で、約70台体制で実験を行う。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る