Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

売上高103億円で過去最高を更新 東洋ライス2021年6月15日

一覧へ

東洋ライスは6月14日、第60期(2021年3月期)決算発表会をオンラインで開き、雜賀慶二社長は売上高が前年比113%の103億6400万円となり、過去最高を更新したと報告した。

2021年3月期の売上高は103億6400万円、税引前当期純利益は19億8100万円、当期純利益は13億2900万円で増収増益となった。健康志向の高まりから需要を伸ばしている「金芽ロウカット玄米」の好調が売上げに貢献した。

「金芽ロウカット玄米」の生産量は前年比113%の3740tと前年を大きく上回った。また、昨年3月まで38カ月連続で、玄米カテゴリーでトップを獲得し、米商品の中で異例のヒットを記録した。一方、「金芽米」は生協、通信販売でそれぞれ伸長したものの、業務用が落ち込んだことから、生産量は前年比95%の4万7500tだった。

BG無洗米は、業務用の苦戦を背景に生産量は前年度から3万t減の42万tとなった。新たに9月から、JAアグリ島根、12月から全農パールライス福岡支店でBG無洗米機の稼働を開始。また、全農パールライス福岡支店では、精米ロットの切替え時間を1分30秒に短縮し、精米作業が効率化できる超高効率精米工場の稼働も開始している。アレルゲン対応した商品として引き合いが高まっている米粉は、生産体制を強化するため、新たな生産拠点を埼玉県内に建設していることを明かした。

海外事業では、現在11カ国で金芽米、金芽ロウカット玄米を展開。新型コロナウイルスの影響で、家庭炊飯の需要が増えたことから、当初はシンガポール、香港、北米で急速に需要が高まったが、その後は各国でのロックダウンなどが重なり、輸出量は前年比88%となった。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る