人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「最高を超える山田錦プロジェクト」福岡県ウィング甘木が3000万円を獲得 旭酒造2024年1月16日

一覧へ

旭酒造は1月12日、「最高を超える山田錦プロジェクト」の2023年度グランプリの表彰式を帝国ホテル東京で開催。福岡県朝倉市の農業法人で株式会社ウィング甘木が、3年ぶり2度目となるグランプリを受賞し、賞金3000万円を獲得した。

グランプリで賞金3000万円を獲得したウィング甘木

「最高を超える山田錦プロジェクト」は、全国で山田錦を栽培する農家が、これまでの山田錦を超える品質に挑戦するコンテスト。グランプリ米には60俵3000万円という市場価格の25倍の賞金を贈呈される。今回年のエントリー数は144件で、前回の倍の農家から応募があった。

グランプリを受賞したウィング甘木の北嶋将治氏が造る山田錦は、粒が大きく揃い、心白が中心部分に小さく入り高精白に耐え得る酒米。旭酒造の「獺祭」が求める基準に合致していると、全審査員の高評価を得て受賞を果たした。今回で第5回となる山田錦プロジェクトで、同じ生産者が二度のグランプリを受賞するのは初めて。

表彰式では、グランプリを受賞した北嶋氏が「前回優勝時とは、違う内容にするため一から考え直して、とことんまで突き詰めていつも山田錦の作っていた。いつか会長・社長(旭酒造)に一粒がおにぎりサイズの山田錦をお持ちすることを目標にこれからも頑張っていきます」とコメントした。また、準グランプリは、岡山市の有限会社国定農産が受賞し、賞金1000万円を獲得した。

表彰式で旭酒造の桜井一宏社長は「農業では頑張っても報われるシステムになっていない」と述べ、同コンテストの開催は日本の農業に対する課題意識がきっかけだったと説明。続いて行われたパネルディスカッションでは「日本の農業の課題」をテーマに、参議院議員の中田宏氏、漫画家の弘兼憲史氏、農家の海老原秀正氏、旭酒造の桜井博志会長が討論した。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る