肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2014.05.22 
バター7000t追加輸入 農水省一覧へ

 農水省は5月21日、バター7000t(生乳換算8.6万t)の追加輸入を決めた。

 昨夏以降、生乳生産量が前年を下回っており、それにともないバターや脱脂粉乳の在庫量も減少傾向にある。
 農水省統計によると、生乳生産量は平成25年6月から3月まで10カ月連続で前年同月対比で下回っており、3月末時点でのバター在庫量は1万7317tで、25年3月末時点の4分の3ほどにまで減っている。
 こうした現状を踏まえて、秋以降の需要時期での安定供給を確保するため、国家貿易によるカレントアクセス分としての年間生乳輸入量13.7万tのうち、残っている2.7万tを脱脂粉乳4178tとして輸入し、さらに8.6万tをバター7000tとして追加輸入することを決めた。
 バター、脱脂粉乳とも5月下旬から6月上旬にかけて農畜産業振興機構が入札を行い、11月末までに順次輸入し、国内需要者へ供給する。


(関連記事)

25年度生乳生産量、2.1%減 農水省統計(2014.04.28)

学校給食で牛乳中止 日本栄養士会が反論(2014.04.25)

5月31日 牛乳と食文化を考えるフォーラム(2014.04.23)

25年度販売乳量719万t 前年比2%減(2014.04.21)

牛乳生産量0.6%増 2月の牛乳乳製品統計(2014.04.03)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ