左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

6Pチーズがグッドデザイン賞受賞 雪印メグミルク2018年10月6日

一覧へ

 雪印メグミルク(株)の「6Pチーズ」が2018年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞した。

雪印メグミルク(株)の「6Pチーズ」が2018年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞 雪印メグミルク(株)の前身である北海道製酪販売組合は、1925年にバターの製造から創業し、1933年に日本で初めてチーズの大規模製造を始めた。1935年に「北海道チーズ6Pタイプ」を発売、その後1954年に「6Pチーズ」として発売を開始。赤・青・白の丸い箱に6個入ったデザインはチーズの象徴として、同社および日本を代表するチーズとなった。
 このデザインは誕生当時からほぼ変わっていない。1954年の発売時は、天蓋が透明フィルムで中が見えるデザインだった。1975年には全体を紙カートンに変更し、中身のラベルが並んだイメージをそのままデザインした。また、2017年には箱を開けやすくするため、開封シールを変更した。

グッドデザイン・ロングライフデザイン賞のロゴ(画像)グッドデザイン・ロングライフデザイン賞のロゴ

 

 ロングライフデザイン賞は、長年にわたり作り手と使い手、社会との対話の中で醸成され、暮らしや社会の礎となり、未来においてもその役割を担い続けてほしいデザインとして選ばれ、顕彰される賞。

 

(関連記事)
日本酒「沢の鶴X01」がグッドデザイン賞受賞 ヤンマー(18.10.06)
国産米粉100%のパンがグッドデザイン賞受賞 第一パン(18.10.05)
【人事異動】雪印メグミルク(6月1日付)(18.05.16)
ガセリ菌SP株研究で技術賞 雪印メグミルク(18.05.16)
【人事異動】西馬場氏が副社長に 雪印メグミルク(18.05.11)
チーズ、ヨーグルト等好調で増収増益 雪印メグミルク(18.05.11)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る