Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:シグナム
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

食味に優れた極早生枝豆「神風香」新発売 雪印種苗2018年1月23日

一覧へ

 雪印種苗(株)(本社:札幌市厚別区、赤石真人社長)は、極早生・極大莢で3粒莢の割合が高く、茶豆風味の美味しいエダマメ品種「神風香(かみふうか)」の販売を、2018年1月より開始した。

食味に優れた極早生枝豆「神風香」(雪印種苗) 雪印種苗(株)は、食味にこだわって育成された新時代のエダマメ「豊熟の味わい」をシリーズ化し、2015年に早生種の「味風香(あじふうか)」、2016年に中早生種の「夏風香(なつふうか)」を販売してきた。
 それに続き本年1月に販売を開始した「神風香(かみふうか)」は、大莢で3粒莢・4粒莢の割合が高く、食味に優れた極早生品種だ。主茎が短くコンパクトにまとまるため、束出荷にも適している。「味風香」「夏風香」と併せて栽培すれば、食味に優れたエダマメを、長期間リレー出荷することが可能だ。
 北海道、東北、高冷地のトンネル栽培では、播種期は4月上旬~4月下旬で、収穫は7月上旬~8月中旬頃、露地(マルチ)栽培では、播種期は5月中旬~5月下旬で、収穫は8月上旬~8月下旬頃となる。
 一般地、暖地では、ハウス栽培の場合、播種期は2月中旬~2月下旬、収穫は5月中旬~6月中旬頃、トンネル栽培では播種期は3月上旬~4月中旬、収穫期は6月上旬~7月中旬頃、露地(マルチ)栽培での播種期は4月中旬~5月中旬、収穫は7月上旬~8月上旬頃となる。

(写真)エダマメ「神風香」

 
【規格および価格(税別)】
 ○元詰標準1L(無処理種子):4050円
 ○同1L(フィルムコート種子):4180円
 ○元詰絵袋70mL(フィルムコート種子):420円
 ○元詰小袋30mL:190円。

 ○問い合わせ先:雪印種苗(株)種苗部園芸課
 ○TEL:043-216-6277まで。

 

(関連記事)
活力あふれる台湾の農業 ――台湾国際果実・野菜見本市で感じたこと 台湾の農業事情(下)(16.11.27)
第45回日本農業賞 受賞者決定 JA全中・NHK(16.02.01)
軟腐病に強い夏系品種ダイコン 「夏巡り(なつめぐり)」 雪印種苗(17.04.14)
機能性液肥「根真人(ねまじん)232」で作物生育を促進 雪印種苗(17.04.03)
雪印種苗(株) スイートコーン「ミエルコーン89」(17.01.24)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る