2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
FMCセンターSP:ベネビア®OD

飼料自給率の向上・水田活用に貢献 「米で作る鶏用飼料」で製法特許取得 JA全農2022年6月29日

一覧へ

JA全農は6月28日、採卵鶏用の配合飼料のうち半分を占める穀類をすべて米にする技術で製法特許を取得したと発表した。飼料自給率の向上と水田活用に貢献する技術だ。

穀類をすべて米に置き換えた鶏用配合飼料と鶏卵。卵の見た目は一般的な卵と変わらない穀類をすべて米に置き換えた鶏用配合飼料と鶏卵。卵の見た目は一般的な卵と変わらない

採卵鶏向けの配合飼料の半分はトウモロコシなど穀類が占めるが、鶏は消化能力が高く歯がなくても生の丸粒の米も消化できた。

そのため配合飼料の穀類をすべて米にしても栄養面では問題がない。ただし、現代のシステム鶏舎で穀類をすべて米にしてしまうと、一部の鶏が米を独占的に食べ、他の鶏は残りの大豆カスや炭酸カルシウム、ミネラル分を食べるという問題が起き、鶏が生む卵の色や殻の硬さがばらつくことが分かってきた。

また、飼料が給餌機械のなかで詰まりやすいという問題も発生した。

そのためJA全農とJA全農北日本くみあい飼料は米粒を粉砕するなどの技術により、採卵鶏に給餌する配合飼料の穀類をすべて米にしても問題が起きにくくなる飼料を開発した。

この技術についてJA全農とJA北日本くみあい飼料は2020(令和2)7月9日に特許を出願し、その新規性と進歩性が認められ今年5月19日付けで特許を取得した。

すでに岩手県の養鶏農家にこの飼料が供給されており、生産された卵はJA全農たまごが関東地方の一部量販店で「日本の米食べてます」との商品名で販売している。

この技術は輸入トウモロコシを国産米に置き換えることを可能にし、飼料自給率の向上と水田活用の促進につなげることができる。

JA全農は国産農畜産物の生産振興に向け、この技術の普及に取り組むとしている。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る