JAの活動 ニュース詳細

2014.03.18 
JA経営マスターコース 幹部候補35人が巣立つ一覧へ

 平成25年度JA経営マスターコースの修了式が3月13日、JA全中全国教育センター(東京都町田市)で行われた。第15期の修了生35人が、全中の萬歳章会長ほか、JA全国組織の代表の期待と励ましの声に送られ、JAの幹部候補生として巣立った。

 修了式では、JA全中の萬歳会長が「地域、JAの実態を踏まえ、JAの改革を自ら発意して取り組んでほしい。これまでの600人のマスターコース修了生とともに、改革の火種を大きくしよう。そして驕らず、修了生の自負を持ち、地域、職場、家族を大事にしてほしい」と励まし、1人ひとりに修了証書を手渡した。
 また同コース塾長の堂門冬二氏は、「自主・自立・創造の精神を持つことが大事。お粥になることなく、おにぎりの米粒となるように」と話し、「JAはこれから危機が連続するだろうが、その分、やりがいがあると考え、失敗を恐れず、若い能力を発揮してほしい」とエールを送った。
 併せて今年度優秀論文を表彰。修了論文大賞にJA横浜(神奈川)の角田茂樹さん、塾長賞にJA兵庫六甲(兵庫)の福島良さん、全農会長賞にJAなんすん(静岡)の石井秀明さん、全共連会長賞にJAみやぎ仙南(宮城)の佐藤大樹さん、農林中金理事長賞にJAとぴあ浜松(静岡)の高井有季さん、ブラジル・コチア産業組合中央会記念賞にJA雲南(島根)の藤原加珠美さん、マスターコース性選抜賞にJA鹿児島いずみ(鹿児島)の川原慎太郎さんが選ばれた。
 JA経営マスターコースは、JAの経営戦略を立案し、その実行を担い、将来の幹部となりうる“基幹的人材”の育成を目的とするもので、カリキュラムは前期・後期からなり、期間は1年。塾長である作家の堂門冬二氏によるリーダーシップ論など、特別講義もある。最終段階では、学習の総仕上げとして、自分のJAの事業・活動の改革提案を修了論文として提出する。

 修了証書を受ける修了生 修了証書を受ける修了生 

(写真)
修了証書を受ける修了生


(関連記事)

都市農業こそ農の価値発信を JA全中がシンポ(2014.03.13)

国会決議実現と基本農政確立で決議 全中総会(2014.03.10)

JA全中、初の地域営農ビジョン研究大会(2014.02.06)

決議実践でJAの強み発揮を トップフォーラム(2013.12.02)

人づくり運動のリーフレット作成 JA全中(2013.11.05)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ