Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

夏野菜御三家 トマト、キュウリ、ナス-JA全中調べ2017年7月3日

一覧へ

 JAグループは昨年度からグループサイトでアンケートを実施しているが、今回は「夏でイメージする農産物」についての調査を実施した。

 夏をイメージする農産物の第1位はスイカ。全体で39.9%だった。男性はどの年代でも1位。女性では20代以下と40代ではトマトがスイカを上回ってトップに挙げられている。
 2位以降はトマト(35.9%)、キュウリ(31.2%)、ナス(30.2%)の3野菜が夏をイメージする農産物の"御三家"として認識されていることが示された。
 そのほか、夏をイメージする農産物はトウモロコシ、ゴーヤ、桃、オクラ、枝豆、ピーマンが挙がった。
 ただ、地域差があることも示された。トマトは中国・四国で4割強(44.3%)、北海道・東北では他のエリアよりもメロンの回答が多く(9.6%)、関東ではトウモロコシ、九州・沖縄ではゴーヤが高いなど地域の特徴が示された。
 この調査では「普段、旬を意識した食事」をしているかどうか質問しているが、「意識している」が全体で86%だった。女性では89%で9割が旬を意識した食事を心がけていることが分かった。 調査は28年7月から8月に実施。6000件あまりの回答を得た。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る