左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

東北初 山形に全農とファミマ一体型店舗2018年2月20日

一覧へ

・「ファミリーマート+全農ふれあい広場もとさわ店」オープン

 JA全農と(株)ファミリーマートは、2014年に締結した「Aコープ包括業務提携」に基づいて、2月17日、山形市に「ファミリーマート+全農ふれあい広場もとさわ店」を開店した。この提携による全国で15店舗目となる。

雪の中あいさつする長澤JA全農会長 この「もとさわ店」では、通常のCVSの商品やサービスだけではなく、山形県ならではの山形牛や庄内豚をはじめとする地域特性を活かした県産農畜産物などを販売するコーナーや、JA組合員向けの長靴や軍手などの農作業用品を取りそろえるなど、全農とファミマの提携店らしい品揃えがされているのも大きな特徴といえる。

(写真)雪の中あいさつする長澤会長

 
ファミリーマート+全農ふれあい広場もとさわ店の店舗全景 雪の中の開店式典であいさつした長澤豊JA全農会長は、「高齢化社会、商店街がどんどん無くなっている。全国的にそういった状況が続いている。そんな中で全農の事業として生活インフラを支える、これが地域に対する貢献であり、全農の事業の国民理解にもつながっていく」と述べるとともに、今後は農畜産物を全国1万8000店あるファミリーマートとつないでいく。地域とつなぐ、人と人をつなぐ、人と物をつなぐ、物と物をつなぐという新しい社会貢献をさらに増進していきたいと思っている」と述べた。

(写真)店舗全景

 
混みあう店内。地場野菜などが人気に なお、ファミリーマートと全農の一体型店舗は、愛媛県に次いでこれが2店舗目で、東日本では初となる。もとさわ店はJA全農山形が企画し、100%子会社である(株)全農ライフサポート山形が運営する。

(写真)混みあう店内。地場野菜などが人気に

 

 

◎ファミリーマート+全農ふれあい広場もとさわ店の概要
所在地:山形市大字長谷堂字御手作4450番地
営業時間:24時間・年中無休
店舗面積:約79坪(約262平方m)
売場面積:約62坪(約120.6平方m)

 

(関連記事)
【山崎周二JA全農代表理事専務に聞く】農家手取り確保のため さらなる「自己改革」を(18.02.19)
広島にファミマと一体型店舗開店 Aコープ西日本(17.07.03)
療養食販売で利便性向上 ファミリーマート+Aコープこうぶ店(16.08.31)
安定兼業が地域を守る 御子柴 茂樹(長野・JA上伊那代表理事組合長)(16.06.20)
盛況で入店制限も 「ファミマ・全農ふれっしゅ広場」開店(16.05.09)
直売所とコンビニ合体 全農とファミマ、愛媛に1号店(16.04.27)
明日から移動販売開始! 「ミニファミ号」 JA全農×ファミリーマート(16.04.06)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る