左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

みのる食堂広島店が新規オープン2018年2月28日

一覧へ

・中四国地方の農畜産物で多彩なメニュー提供

 JA全農は3月29日にオープンする広島駅橋上・高架下開発「ekie(エキエ)DINING」にあわせて、JA全農が展開する「みのるみのりプロジェクト」の直営店舗「みのる食堂エキエ広島店」を新規開店する。

店舗のイメージ エキエ広島店では、中四国地方の食材を中心とした国産食材をふんだんに使用。野菜や果物、お米、卵などは広島県本部の直売所「とれたて元気市」とJAおちいまばりの直売所「さいさいきて屋」から直送する。

 

(写真)店舗イメージ

 

選べるみのる定食(写真は広島産牡蠣グラタンと旬の彩り野菜と国産ハーブのかき醤油炒め) メニューは、広島牛とお米ポークのハンバーグ、お米ポークの生姜焼き、彩り野菜と広島ハーブ鶏の牡蠣油炒め、広島県産の牡蠣グラタンなどから2種類を選ぶ定食スタイルで、また広島県が誇る黒毛和牛の「広島和牛・元就」を数量限定の特別メニューとして提供する。

(写真)選べるみのる定食(写真は広島産牡蠣グラタンと旬の彩り野菜と国産ハーブのかき醤油炒め)

 

広島和牛 元就のステーキ丼 みのりみのるプロジェクトは外食産業での国産農畜産物の利用拡大を目的に平成22年から始まった。そのモデルとなる東京・銀座三越の「みのる食堂1号店」は現在も好評営業中だ。平成26年からは食と農の地域循環をめざし、全国で展開。今回の広島での出店は、福岡、京都、仙台、新潟、盛岡、名古屋に続く7都市目となる。

(写真)広島和牛 元就のステーキ丼

 

【エキエ広島店概要】
○営業時間:午前11時から午後11時
○座席数:40席
○問い合わせ先:JA全農耕種総合対策部開発企画室
○TEL:03-6271-8156

 

(関連記事)
旬の仙台イチゴをPR 全農みのりみのるプロジェクト(18.02.15)
京都の旬の食べ物を紹介 JA全農(18.01.22)
食品ロスを考える JA全農がイベント(17.09.12)
17日オープン 岩手県初「みのるダイニング」(17.03.10)
1/16 新潟駅近くに「カフェ&グリル みのりみのる」開店 JA全農にいがた(17.01.10)
仙台駅に 地産地消飲食店 「みのりカフェ」「グリルみのる」 3.18オープン JA全農(16.02.02)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る