想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:大豆剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JA全農の取扱高4兆6382億円 平成29年度の取扱高実績2018年7月30日

一覧へ

 JA全農は7月26日に都内で総代会を開催し、29年度事業報告など全議案を承認した。

全国農業協同組合連合会第四十二回通常総代会

◆取扱高前年実績超える

 29年度は、28年度からの3か年計画の中間年にあたるが、▽持続可能な農業生産・農業経営づくりへの貢献、▽海外事業の積極展開、▽元気な地域社会づくりへの支援、という3か年計画の3つの重点事業施策に取り組むととともに、「『農林水産業・地域の活力創造プラン』に係る全農の対応」で取り組むこととした年次計画について、「新たな執行体制のもと、実施具体策を着実に進めてきた」。具体的には、
▽生産資材では、肥料の新たな共同購入、農機シェアリース、ICTなど生産性向上に資する技術の普及など、トータル生産コスト低減の取り組み。飼料原料の調達力強化にむけた米国における原料船積み能力の増強などに取り組んできた。
▽販売面では、直接は売買取販売の拡大、米・青果物の広域集出荷施設など直販関連インフラの新設、米卸や青果物の中食・外食向けサプライヤーなどとの業務提携による安定的取引の拡大、輸出対策部新設による海外営業拠点を核とした輸出拡大。
 さらに営業開発部新設による全農グループ販売会社と連携した取引先の開発・拡大、取引先ニーズに基づく商品開発・産地開発に取り組んできた。
▽地域社会づくり支援では、JA生活店舗の業態転換、総合宅配事業の拡大、SS統廃合によるセルフ化の促進を行ってきた。
 その結果、29年度の取扱高は、4兆6382億円と計画(4兆5929億円)比101%となり、28年度の4兆5981億円を上回る実績となった。
 これを事業別にみると
▽米穀農産事業7181億円(計画比94%)、▽園芸事業1兆1643億円(同99%)、▽営農・生産資材事業8118億円(同101%)、▽畜産事業1兆485億円(同99%)、▽生活関連事業8956億円(同114%)となっている。
 この結果について、全農では、米穀農産は米の販売数量の減少、園芸は青果販売価格の低下、畜産は飼料事業の移管による配合飼料取扱数量の減少などが計画を下回った要因だと説明している。また、生活関連は、石油・ガスの取扱数量の増加や原油価格の高値推移があり計画を上回ることができたとしている。

 

◆経常利益等計画上回る

 経営収支面では、事業総利益は、園芸の取扱高減少による収益源などにより917憶1300万円と計画を下回ったが、事業利益は経費削減を進めたことで▲7億5300万円と計画を上回った(計画差+16億7300万円)。経常利益は受取配当金の増加により98憶円と計画を上回った。税引前当期利益も特別損益で減損損失の計上などがあったが、77億8000万円と計画を上回っている。当期剰余金は、法人税等調整額で将来課税所得の見積もり減少などにより、計画を上回る計上をしたが、47億5600万円と計画(29億円)をうわまわっている。当期末未処分剰余金119憶3400万円については、海外原料価格安定積立金や農薬開発積立金など任意積立金65憶2800万円を積み立て、出資配当2%を計画通り実施し、22億7200万円を次期に繰り越すことにした。

 

(関連記事)
利用拡大する全農の「Z-GIS」(18.07.31)
JA支援強化に向けた全農の取り組み ー次期3か年計画策定に向けてー(18.07.31)
今年度の全農自己改革の重点的課題(18.07.30)
【営農事業部門受賞】総合事業で地域を守る  木村敏和・JA山形おきたま代表理事組合長(18.07.13)
「青島」みかんに特化 出荷組合の組織力が支え【井口義朗・JAみっかび代表理事専務】(18.06.13)
実需者ニーズふまえ販売力強化-JA全農30年度事業計画(18.03.27)

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る