Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA三井リース中央(1)SP

日本代表決定「第38回全農日本カーリング選手権大会」JA全農2021年2月15日

一覧へ

JA全農は、2月8日から、北海道稚内市の稚内市みどりスポーツパークで開催された「第38回全農日本カーリング選手権大会」に特別協賛。2月14日に行われた決勝戦で、男子はコンサドーレ、女子は北海道銀行が優勝し、カーリング男女日本代表チームとなった。

男子優勝のコンサドーレの選手男子優勝のコンサドーレの選手

全農は、優勝した両チームへ副賞として開催地・北海道産米「ゆめぴりか」を各1トン贈呈。優勝した選手は、全農広報・調査部 広報SR課の太田純課長から大きな米俵を受け取った。さらに、全農から「海外遠征時のお食事サポート券」も贈呈。これから一年間日本代表チームとして海外に遠征する際、全農が現地で食事をサポートする。3月に開催が予定されていた「2021年世界女子カーリング選手権大会(スイス シャフハウゼン)」は中止になったが、男子は4月にカナダ・カルガリーで開幕する「2021年世界男子カーリング選手権大会(カナダ カルガリー)」に出場が決まっている。また、MVP賞に輝いた松村雄太選手(コンサドーレ)と、吉村紗也香選手(北海道銀行)には「北海道産和牛セット」を贈呈。パネルを手に両選手は笑顔を見せた。

女子優勝の北海道銀行の選手女子優勝の北海道銀行の選手

大会期間中は、選手控室に「もぐもぐブース」を設置し、ハーフタイムでのエネルギー補給用の食材を提供。出場する選手と大会を「ニッポンの食」で応援した。また、Twitterアカウント「全農広報部 スポーツ応援(@zennoh_sports)」では、スポーツに関わる情報や、全農が「食」を通じてアスリートをサポートする取り組みなどを発信している。今大会でも試合結果や大会の開催を記念したプレゼントキャンペーンも実施。「#頑張れカーラー」で出場選手への応援メッセージも募集し、約3週間で2300件以上の投稿があった。メッセージは、「楽しみに待ってました! 現地で応援できませんが、気持ちを稚内に飛ばして応援します!」、「毎日ドキドキしながら見ています。今年は試合があまりなく、残念なシーズンですがその分、日本選手権が見応えありすぎて幸せです! 最後まで頑張れ」など暖かい言葉が寄せられた。

<大会結果>
男子優勝 コンサドーレ
女子優勝 北海道銀行
男子準優勝 常呂ジュニア
女子準優勝 LOCO SOLARE
男子3位 TM Karuizawa
女子3位 中部電力
男子MVP賞 松村雄太選手(コンサドーレ)
女子MVP賞 吉村紗也香選手(北海道銀行)

<もぐもぐブース 提供食材>
■いちご
・宮城県産 もういっこ
・茨城県産 とちおとめ
・栃木県産 とちおとめ
・愛知県産 ゆめのか
・福岡県産 あまおう
・長崎県産 恋みのり
(提供:いちご主産県情報交換会)

■大福(提供:ホクレン農業協同組合連合会)
■ニシパの恋人(トマトジュース)(提供:ホクレン農業協同組合連合会 JAびらとり)
■1日分の鉄分飲むヨーグルト(提供:協同乳業)
■"ニッポンエール"商品(提供:全国農協食品)
■ゆでたまご(提供:JA全農たまご)
■ソイリーツ(国産大豆の焼き菓子)(提供:JA全農)
■おむすび各種(提供:JA全農)
■東北6県の飲料(お茶・ジュース類)'提供:JA全農)
■市田柿(提供:JA全農長野 JAみなみ信州)
■スープ各種(提供:全国農協食品株式会社、JAタウン)
■くまもとのでこぽんゼリー(提供:JAタウン)

【Twitterアカウント「全農広報部 スポーツ応援」】

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

DiSC:SP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る