2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

市場流通できない柑橘を有効活用「高知県産ゆず&直七サワー」新発売 JA全農2022年2月22日

一覧へ

JA全農は、高知県農業協同組合と国分グループ本社と共同で「高知県産ゆず&直七サワー」を開発。高知県産「ゆず」と「直七(なおしち)」の果汁を5%使い、アルコール度数を4%で、「直七」の爽やかな酸味と「ゆず」のやさしく香る風味が味わえる。三幸食品工業で製造し、2月23日から発売する。

高知県産ゆず&直七サワー「高知県産ゆず&直七サワー」

高知県は、ゆずの生産量が日本一の産地。爽やかで香り高い柑橘のゆずは、果汁は果実酢として、皮は薬味として高知の家庭ではおなじみの食材として親しまれており、ビタミンCが豊富で、抗酸化作用がある。一般的に流通している「黄ゆず」は、黄色く熟してから収穫され11月頃に旬を迎える。

一方、「直七」は、広島県尾道市田熊で発見された柑橘で、正式名称は田熊スダチで酸味がまろやかで、多くの果汁を含んだ柑橘。現在、高知県の南西に位置する幡多地区で主に栽培されており、特に宿毛市では魚料理に欠かせない食酢として古くから人々に愛されてきた。その昔、魚屋の直七さんが、魚にかけると美味しいと勧めたことから、この名前がついたと言われている。

新商品は、果皮表面のキズなどによって青果として市場流通に適さない「ゆず」と「直七」を加工用として使うことで、生産者の所得安定に繋げようと開発された。「ゆず」と「直七」の良さを活かし、サワーとして商品化することで、爽やかな酸味と香り豊かな風味を引き出した。

市場に流通できない果実を商品化し、有効利用する取り組みは、国連の定める持続可能な開発目標(SDGs)の「9:産業と技術革新の基盤をつくろう」「12:つくる責任つかう責任」「15:陸の豊かさも守ろう」につながる取り組みとなる。

「高知県産ゆず&直七サワー」は、関西・中四国・九州エリアのセブンイレブン約6800店での販売を予定。また、セブン&アイグループのヨークマート・ヨークフーズ、ヨークベニマル、シェルガーデン、イズミ、天満屋ストアの一部店舗での販売も予定している。

最新の記事

NTT・ビオストック SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る