左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

TPP 譲歩なら撤退すべき-官邸前で抗議2014年2月19日

一覧へ

 甘利明TPP担当相が記者会見で586ある農産物の重要5品目について「1つ残らず微動だにしないということでは交渉にならない」と譲歩する可能性も示した2月18日夕、TPPに反対する団体が官邸前に集まって「譲歩するなら交渉撤退が決議ではなかったか」など抗議の声を上げた。

官邸前で抗議しているようす 急遽参加したのは「STOP TPP!!官邸前アクション実行委員会」ほかTPP反対運動を続けている農業、消費者、市民団体などで200名。
 山根香織・主婦連合会会長は「政府は大きな決断をしなければ、と勢いを強めているが、大きな間違いを判断しないか大変心配だ。後からとんでもない決着をしたと知らされるのは許されない」と訴えたうえで「TPPは国益よりもグローバル企業の利益が優先される協定。暮らしや命を支えている制度に競争原理を入れてはいけない。安易な妥結を許してはならない」と強調した。
 TPPに反対する大学教員の会の醍醐聰東大名誉教授は「最近、政府は妥結に全力を尽くすと言っているが目的がずれている。全力を尽くすべきは国民益を守ることだ。譲歩しなければならないのなら、交渉から撤退するというのが国会決議ではなかったか」と指摘したほか、自民党の西川公也TPP対策委員長が「大きな決断をするときが来るかもしれない」などと述べたことについて「いつから政府の人間になったのか。政府に決議を守らせる監視が西川氏の役目ではないのか」と批判した。
 TPPに反対する弁護士ネットワークの中野和子事務局長は「重要5品目が守れないことが分かっているのならなぜシンガポールに行くのか。決議を尊重するなら行くべきではない」と訴えるとともに、改めてTPPの秘密主義を批判、「国民主権とは私たちに十分な情報が与えられ判断できることだ」と話した。そのほか紙智子共産党参議院議員らも「1ミリも譲れないと発言していたのは誰か。明らかに決議、公約違反。厳しく国民の声で迫っていこう」などと述べた。

(写真)官邸前で抗議しているようす

 

(関連記事)

TPPで緊急全国要請集会-JA全中(2014.02.18)

米政策テーマに研究会 農業協同組合研究会(2014.02.13)

農地利用集積、JAが貢献 全中・萬歳会長(2014.02.07)

安倍首相が減反廃止の無責任演説(2014.01.27)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る