農政 ニュース詳細

2014.04.10 
岡山県真庭市など8地域を認定 バイオマス一覧へ

 農水省、内閣府など関係7府省は、地域でバイオマスの原料生産、製造、利用まで一貫した体制を構築し、バイオマス産業を地域づくりの軸としている地方自治体を「バイオマス産業都市」として認定している。3月末、第2次選定を行い、新たに8地域を選定した。

 今回、選定されたのは宮城県南三陸町、岡山県真庭市など8地域。
 南三陸町は東日本大震災で甚大な被害を受けたが、バイオガス、木質ペレットなどの事業を軸に復興、インフラ整備などをすすめている。
 岡山県真庭市は、総合的なバイオマス資源の利活用体制を構築しており、「全国のモデルにふさわしい構想内容」だと評価されている。

 今回、選定された8地域は次の通り。

▽北海道釧路市
▽北海道興部町
▽宮城県南三陸町
▽静岡県浜松市
▽三重県津市
▽島根県奥出雲町
▽岡山県真庭市
▽岡山県西粟倉村
 これら8地域の認定証授与式は4月9日、農水省で行われた。


(関連記事)

鶏糞バイオマス発電を支援 農林中金(2014.03.27)

高知で木質バイオマス発電所設立 出光など(2013.01.29)

25年度農林水産予算入れ替え要求を決定 農水省(2013.01.11)

バイオマス事業の活性化へ  JA全農が新潟でセミナー(2012.12.07)

バイオマスエネルギーに関心高まる  森林と生活に関する世論調査(2012.02.20)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ