左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

TPP報告会 現場から「だまされた思い」の声 JA茨城県中央会2015年10月23日

一覧へ

 米国アトランタで開かれたTPP交渉の閣僚会合に合わせて現地入りしていたJA茨城県中央会の加倉井豊邦会長が10月8日、水戸市でTPP交渉報告会を開いた。

nous1510230401.jpg 当日は茨城県のJAや生協連等の関係者ら100人程が集まり、加倉井会長の報告に耳を傾けた。
 報告を聞いた関係者からは、「我々を欺いて(合意内容が)できあがっていた。政治家にだまされたという思いだ」という怒りの声が上がった。また 「あそこまで譲歩したのは意外だった。肉牛への影響が心配」「一番の懸念は、農業のイメージダウンにより農家やJAの若い担い手が将来を不安視してしまうこと」といった懸念の声もあった。
 今後、どのように対処していくかについて「食育やファンづくりなどイメージアップをしていく必要があるのでは」という意見も上がった。

報告会のようす

(写真提供:JA茨城県中央会)報告を行う加倉井会長、報告会の様子

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る