Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新規就農者6万5030人-27年調査2016年9月5日

一覧へ

 平成27年の新規就農者は6万5030人で22年以降5万人台が続いていたが、6万人を超えた。農林水産省が9月2日に発表した。

 就農形態別にみると、新規自営農業就農者は5万1020人で前年にくらべて10.1%増加した。このうち49歳以下は1万2530人で5.4%減少した。
 新規雇用就農者数は1万430人で前年にくらべ36.3%増加した。このうち49歳以下は7980人で33.9%増加した。
 新規参入者(経営の責任者・共同経営者)は3570人で前年にくらべ2.5%減少した。このうち49歳以下は2520人で4.9%減少した。
 49歳以下の新規就農者は合わせて2万3030人で19年以降もっとも多くなった。
 また、新規学卒就農者は3030人(新規自営農業就農1670人、新規雇用就農2060人)となっている。 男女別の割合は、新規自営農業就農者では男性=3万8990人、女性=1万2030人、新規雇用就農者では男性=7300人、女性=3120人、新規参入者では男性=2890人、女性=680人となっている。
 農林水産省は新規就農し定着する農業者を倍増し、平成35年までに40代以下の農業従事者を40万人に拡大することを目標にしている。そのため原則45歳未満を対象に研修期間中に年間150万円を最長2年間交付する青年就農給付金事業(29年度概算要求では農業次世代人材投資事業)などを実施している。
 

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る