Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農業経営収入保険室設置へ-農水省2017年12月26日

一覧へ

 農林水産省は12月22日、平成30年度の組織・定員について公表した。収入保険制度の導入のため農業経営収入保険室(仮称)を設置する。

 農業の競争力強化に向けた体制の強化として農業経営収入保険室(仮称)を設置するとともに、生産資材コスト低減のための体制も強化する。また、農林水産物・食品の輸出額1兆円の目標達成に向けて戦略的な輸出体制整備のためにGAP取得の推進、動植物検疫等の体制を強化する。
 鳥獣被害対策の担い手確保、捕獲の一層の推進に取り組むため、鳥獣・農村環境課(仮称)を設置するとともに、ジビエ等の活用推進体制も強化する。また、「農泊」をビジネスとして取り組む地域を加速的に創出するため農泊推進室(仮称)を設置する。
 そのほか、証拠に基づく政策立案(EBPM)を推進するため政策立案過程総括審議官(仮称)を設置する。
 定員は29年度末の2万1341人が30年度末には2万1013人となる見込み。

 

(関連記事)
30年度農林予算 前年度比50億減の2兆3021億円確保(17.12.22)
30年産米 需要とのマッチング 継続支援を-自民が政府に要請決める(17.11.28)
全国組織 「国」構成員にならずマッチング支援(17.11.24)
収入保険の比較シミュレーションを公開-NOSAI(17.11.14)
【衆議院選挙】米の需給調整 全国組織推進支援-自民党農業公約(17.10.10)
第31回 「JAにおける業務用野菜ビジネスへの挑戦」(17.10.07)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る