農政 ニュース詳細

2018.01.09 
EU離脱など英国市場最新動向を提供一覧へ

・「平成29年度調査分析委託事業Brexitセミナー」開催

 農水省は、「平成29年度調査分析委託事業Brexitセミナー:英国への海外展開・輸出拡大に向けて~EU離脱の影響と対応~」を開催し、最新の英国市場動向について情報提供する。

 英国・EU間では、英国のEU離脱(Brexit)に向け、2019年3月を期限とした交渉が進められているが、昨年12月に、EU側は交渉の第一段階(在英EU市民とEU内英国民の権利保障などの協議)における十分な進捗を認め、今後、交渉は将来の通商関係などを協議する第二段階へ進んでいく。今年の秋頃までとされる実質的な交渉期限が迫る中、英国への海外展開・輸出拡大を見据える日本企業にとっては、交渉におけるビジネス関連トピックを把握することが重要だといえる。
 このセミナーでは、英国から専門家を招き、Brexit関連の動きを含めた英国市場の最新動向について情報提供するとともに、英国向け農林水産物・食品の輸出及び現地参入に係るポイントを解説する。

【セミナーの概要】
○日時:2月1日(木曜日)13:30分から16:30分
○会場:三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)24階セミナー室(港区虎ノ門5-11-2 オランダヒルズ森タワー)
○プログラム:
★基調講演:EU離脱が英国の農林水産業・食品産業に与える影響とそれに対する対応策 英国環境・食料・農村地域省(DEFRA)食品・農業局 ダイレクター アナンダ・グハ氏
★講演1:EU離脱が英国の国境措置に与える影響 Covington & Burling LLP.(国際弁護士事務所)ブライアン・ケリー氏
★講演2:EU離脱に対する英国食品産業の取組みと、EU離脱後の英国に参入する企業にとっての課題 Food and Drink Federation(FDF) 事務局長 イアン・ライト氏
★質疑応答
○申込方法:
参加希望者は、下記リンク先から申込む。
平成29年度調査分析委託事業 Brexitセミナー
なお、定員(50名)に達し次第、締め切る。

 

(関連記事)
TPP、日米関係の地政学的側面を考える(18.01.04)
日EU・EPAの合意、合意内容は??(17.12.21)
アイルランドが対日輸出に意欲(17.11.15)
日欧EPA 大枠合意(17.07.07)
【鼎談:2017 世界はどう動く】転換期声上げ闘おう(1)(17.01.14)
弱者の時代の幕明け(17.01.10)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ