農政 ニュース詳細

2018.10.08 
就農移住者応援プログラムを展開 JA三井リース一覧へ

 JA三井リース(株)は就農移住者を応援するプログラムである「スタートアップサポートウォーミングアップ」を展開している。

 「スタートアップサポートウォーミングアップ」は同社が自治体・関係団体と連携し、「地域おこし協力隊」として活躍する就農移住者を応援するプログラム。自治体・関係団体の就農移住支援の取り組みに、ファイナンス機能を加え、就農移住者の地域への定住・定着を後押しする 。「地域おこし協力隊員」とは、都市地域から過疎地域等に移住した人に自治体が地域協力活動を委嘱し、地域活性化と隊員の定住・定着を図ることを目的とした総務省が所管する取り組みのこと。
 高齢化による農業就農人口の減少は、農業分野の構造的な課題で、全国の多くの自治体やJAが対策をしている。同社は新規就農者向けプログラム「スタートアップサポート」をはじめ、JA等の関係団体と連携して新規就農者支援に取り組んでいる。

 

(関連記事)
第4回「農の雇用事業」募集開始 農林水産省(18.10.02)
移住希望者のプチ農業体験を受け入れ中 JAふくおか八女(18.09.21)
6年間で新規就農60名超-JA愛知東(18.09.18)
【人事異動】JA三井リース人事異動(10月1日付)(18.09.28)
【人事異動】JA三井リース役員人事(10月1日付)(18.09.03)
【人事異動】役員体制決まる JA三井リース(株)(18.07.12)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ