左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ジビエ利用量27%増加 農水統計2018年11月29日

一覧へ

 農水省はシカやイノシシなどの野生鳥獣資源の利用実態調査結果を11月27日に公表した。

 食肉処理施設が平成29年度に処理した野生鳥獣のジビエ利用量は1629tで、前年度に比べ27%増加した。
 このうち、食肉としての販売目的で処理したジビエ利用量は1146tで、前年度に比べ12.9%増加し、鳥獣種別ではシカが814tで22.4%増加、イノシシが324tで5.5%減少、その他鳥獣が8tで14.3%増加した。また、ペットフードの利用量は373tで前年度に比べ148.7%増加した。
 食肉処理施設が処理した野生鳥獣の解体頭・羽数は9万6907頭・羽で、前年度に比べ8.6%増加した。
 鳥獣種別では、シカが6万4406頭で15.7%増加、イノシシが2万8038頭で2.0%増加、その他鳥獣が4463頭・羽で26.7%減少した。
 食肉処理施設で処理して得た金額は31億4700万円で、前年度に比べ3.9%増加した。
 このうち、食肉の販売金額は29億1900万円で前年度に比べ0.9%増加、鳥獣種別ではシカが16億4000万円で10.6%増加、イノシシが12億4700万円で9.0%減少、その他鳥獣が3200万円で17.9%減少した。

 

(関連記事)
人と鹿の共生のための展示会(18.11.08)
国産ジビエを知るためのシンポ開催(18.10.15)
低コストで鳥獣被害対策に役立つ通信システム(18.05.30)
国産ジビエ認証制度を制定(18.05.19)
ジビエ「もう一度食べたい」7割超す(18.03.25)
ジビエ利用モデル17地区を選定(18.03.10)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る