農政 ニュース詳細

2018.12.06 
「ミノムシの糸」を産業化 自然界最強繊維 農研機構一覧へ

 農研機構は12月5日、ヘルスケア商品や光学関連商品を製造・販売する興和(株)と共同でミノムシの糸を製品化する研究を行い、産業化する技術開発に成功したと発表した。

 農研機構は、綿布問屋として創業した興和(株)との共同研究で、これまで最強といわれていたクモの糸よりも弾性率や破断強度などにおいて上回っていることを世界に先駆け発見。ミノムシを殺さず、1本の長い糸を採糸する技術を考案、特許出願した。
 また、産業化に必要なミノムシの人工繁殖や大量飼育の方法も確立。天然素材であるミノムシの糸は、革新的バイオ素材として脱石油社会に貢献しCO2の削減にもつながる環境に優しい製品となりそうだ。
 今後は、タンパク質から構成されているシルク繊維としての特性を生かし、カイコシルクが使用されている再生医療業界での貢献の可能性も広がる。

 

(関連記事)
果物の食べごろを予測する「coro-eye」 サトー(18.11.20)
グルテンフリーのホームベーカリー紹介 農研機構市民講座(18.05.22)
輸出用米、価格の壁をどう乗り越えるのか?(18.04.17)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ