左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

主食用米からの転換加算に10a5000円追加-農水省2018年12月25日

一覧へ

 政府が12月22日に決定した31年度予算案のうち、農林水産予算案は2兆4315億円で30年度予算額より5.6%、1294億円増の2兆4315億円となった。水田活用の直接支払交付金では新規に主食用米の面積が30年産より減少した場合に10aあたり5000円を加算する措置を盛り込んだ。

 水田活用の直接支払交付金は30年度当初予算では3304億円だったが、飼料用米の1.2万ha作付け減少で支払い見込み額は3059億円となった。これに対して31年度予算では増額となる3215億円を確保した。
 飼料用米、麦、大豆等の戦略作物の単価や助成体系は維持し、作付面積の増加にも対応して支援する。
 維持された単価を改めて示すと、麦・大豆・飼料用作物は10a3.5万円、WCS用稲は同8万円、加工用米は2万円、飼料用米・米粉用米は収量に応じ同5.5万円~10.5万円となっている。
 また、産地交付金により主食用米からのさらなる転換促進のため深堀り支援を追加する。産地交付金は飼料用米、米粉用米で多収品種に取り組む場合、同1.2万円が配分される。そのほか、ソバ、ナタネ、新市場開拓米に同2万円、畑地化(交付対象水田からの除外)に同10.5万円を配分する。
 さらに転換作物が拡大し(1)主食用米の面積が29年度以降の「最小面積よりさらに減少した場合」は面積に応じて同1万円の加算措置があったが、31年産に限り(2)「緊急転換加算」として30年産より主食用米の面積が減少した場合に同5000円を配分する。生産者によっては31年産の取り組みでさらに主食用米の作付けを減らした場合は(1)と(2)の両方の措置で配分を受けることもできる。
 また、(3)「高収益作物等拡大加算」として、主食用米が30年産より減少し、園芸作物、新市場開拓米、加工用米、飼料用米とうもろこしを作付けた場合、同2万円を加算する。
 水田活用の直接支払交付金は▽飼料用米、米粉用米の生産拡大(37年度までに飼料用米110万t、米粉用米10万t)、▽飼料自給率の向上(同40%)、▽麦・大豆等の作付面積の拡大(同麦28.1万ha、大豆15万ha)、▽担い手の飼料用米の生産コストを10年間で5割削減(37年度まで)を政策目標としている。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る