想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

日英EPA 両国が署名 来年1月発効めざす2020年10月26日

一覧へ

日英両政府は10月23日、日英包括的経済連携協定(日英EPA)に署名した。日本政府は26日開会の臨時国会の協定文等を上程し承認を得る方針で来年1月1日発効をめざす。

日英EPAに署名したトラス英国国際貿易大臣(左)、茂木外相東京で茂木外相とトラス英国国際貿易大臣が署名した。

6月の交渉開始から4か月で署名に至った。英国は今年1月にEUを離脱、離脱後の移行期間終了が年末となっている。茂木外相は「それまでに協定を締結することによって、日欧EPAのもとで日本が得ていた利益を継続し、日系企業のビジネスの継続することが可能になる」と協定締結の意義を強調した。

農産品については、日欧EPAでは25品目で低関税枠を設定したが、日英EPAで新たな英国枠は設定していない。ただ、ソフト系チーズや菓子の原料となる小麦調製品など15品目については、日欧EPAで設定された低関税枠に利用残が生じた場合に、その範囲内で事後的に低関税を適用する仕組みを設ける。

ただし、年度末にならなければ低関税枠の利用実績が分からないため、許可前取引制度という仕組みを使う。この制度では、一般税率を担保として支払い日本国内に輸入、新年度になって低関税枠が利用できることが判明したら、担保として支払った一般税率のうち低関税枠の対象となる輸入量分を戻してもらい、新たに低関税率で納付するというもの。

一方、英国側の関税については日本の輸出重点品目である牛肉、茶、水産物など日欧EPAと同様に関税撤廃を獲得した。日欧EPAは昨年2月に発効した。現在は発効2年となるため、日英EPAがかりに来年1月1日発効となると関税率等は2年目が適用される。全体として日欧EPAに追いつく、いわゆるキャッチアップが適用される。

日英EPAでの原産地規則は、EU原産材料・生産を協定上の原産材料・生産と見なすことを規定した。

日欧EPAにはない規定として競争政策では消費者保護に関する規定を新たなに設けた。また、女性による国内経済、世界経済への参加機会の増大の重要性を認めることなども規定した。

なお、トラス国際貿易大臣は茂木外相や西村TPP担当大臣にTPP11加入に強い意欲を示した。法的拘束力はないものの、英国がTPP11加入について関心を表明し、日本も情報提供する意思があることなどを記した書簡を交換した。来年、日本はTPP委員会の議長国となる。西村大臣は「日英EPAへの署名が英国におけるTPP11加入要請に向けた準備の後押しとなるものと期待している」と述べた。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る