Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

国連食料システムサミットで特設ページ開設-農水省2021年4月26日

一覧へ

農林水産省は4月26日、同省WEBサイトに国連食料システムサミットに関する情報を掲載した特設ページを開設した。

「国連食料システムサミット(フード・システム・サミット)」は国連の持続可能な開発目標(SDGs)達成のためには持続可能な食料システムへの転換が必要不可欠とするグテーレス国連事務総長の考えで開催されるサミット。

食料システムとは、食料の生産、加工、輸送および消費に関わる一連の活動のことを指し、同サミットの科学グループは▽農業、林業、漁業、及び食品産業に由来する食品の生産、集約、加工、流通および廃棄に関するすべての範囲の関係者、▽それらの相互に関連する付加価値活動、▽それらが埋め込まれている広い経済、社会、自然環境を含むもの、と定義している。

今年7月にローマでプレサミットが開かれ、9月にニューヨークで本サミットが開催される予定になっている。

このサミットは食料システムという視点から、その持続性の確保を世界的な共通の課題として議論し、あるべき今後の姿を示そうとする初めての国際会議となる。

【国連食料システムサミット】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る