秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオヘッドSP:ネマトリンエース
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

ASEANの食料安保確保へ「日ASEANみどり協力プラン」発信 ASEAN+3農相会合で野村農相2022年10月27日

一覧へ

「ASEAN+3(ASEAN10か国と日中韓)農林大臣会合」が10月26日、オンライン形式で開かれた。この中で、野村哲郎農相は、ASEAN地域の食料安全保障の確保に向けて、強靱で持続可能な農業と食料システム構築に向けて協力を進める「日ASEANみどり協力プラン」を発信し、ASEAN各国から賛同を得た。

ASEAN+3農林大臣会合(提供:農林水産省).jpgオンラインで開かれた「ASEAN+3農林大臣会合」(提供:農林水産省)

会合では、ASEAN+3の枠組みでの農業分野の協力の実施状況などについて議論が交わされた。
この中で野村農相はASEAN地域の食料安全保障確保に向けて、日本の「みどりの食料システム戦略」に基づき、強靭で持続可能な農業と食料システムの構築に向けて協力を進める「日ASEANみどり協力プラン」を発信した。

同プランは、気象条件や農業生産条件が類似している日本とASEANとの協力を強化し、イノベーションにより環境負荷を低減しつつ農業生産と生産性の向上に向けて、技術の開発や普及、人材の育成などに協力し、ASEAN地域の農業や食品分野の発展を目指す内容。さらに野村農相は、来年の日ASEAN友好協力50周年に向けて、ASEAN各国との連携を密にしながら、協力を強化していくと説明した。
これに対してASEAN各国からは、日本の協力は時宜を得た内容で非常に重要であるなどとして、日本のイニシアティブについて理解が得られたという。

また、会合では、共同プレス・ステートメントが採択され、食料安全保障の強化には強靱で持続可能な農業や食料システムが不可欠であることを確認するとともに、官民連携の推進やスマート・デジタル農業の技術の適用、稲作での温室効果ガス削減に向けた協力をさらに強化することを促すことなどが盛り込まれた。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る