人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

「おおさかアグリーンアクション」でエシカル消費拡大 大阪府 みどり基本計画2023年4月19日

一覧へ

大阪府は3月20日にみどり戦略基本計画を公表した。「Osaka AGreen Action」(おおさかアグリ―ンアクション)を通じた生産者、消費者、事業者が一体となったエシカル消費の拡大をめざす。

「おおさかアグリーンアクション」でエシカル消費拡大 大阪府 みどり基本計画「Osaka AGreen Action」(おおさかアグリ―ンアクション)は、「食」とそれを支える「農とみどり」の分野から脱炭素に向けて府民の行動を変える啓発活動のことで、大阪府は環境負荷の低減に資する生産方式による農林水産物が買い支えられる社会の構築をめざす。

また、農薬と化学肥料を低減した「大阪エコ農産物」の生産を推進する。これに資する技術や経営モデルの確立、普及を進める。

目標は有機農業面積(有機JAS認定のほか、大阪エコ農産物不使用認証などを含む)を2022年度の33haを26年度に74haとする。

新規有機農業者は2022年度の1人を26年度に15人とすることを目標とした。

有機栽培技術は26年度に5品目で確立することをめざす。

「Osaka AGreen Action」(おおさかアグリ―ンアクション)による民間団体との連携を26年度に100団体とする目標も掲げた。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る