農薬 ニュース詳細

2013.01.21 
殺菌剤、除草剤の売上のびる サンケイ化学が決算一覧へ

 サンケイ化学(株)は1月17日、平成24年11月期決算短信を発表した。

 売上高は前年に比べて1300万円(0.2%)増の64億8400万円だったが、販管費の増加などがあり営業利益は同4000万円(37%)減の6800万円、経常利益は同7000万円(30.4%)減の1億6200万円、当期純利益は同1700万円(20.4%)減の6800万円で減益となった。
 薬剤の用途別売上高では、殺菌剤、除草剤が前年比増、殺虫剤、殺虫殺菌剤、その他用が同減となった。
 殺菌剤は水稲用・園芸用がのび同6.1%増の9億5700万円、除草剤は畑作用・園芸用がのび同3.3%増の5億1300万円だった。
 殺虫剤は園芸用が減り同2.5%減の36億5200万円、殺虫殺菌剤は水稲用が減り同4.5%減の4億8800万円だった。そのほかの用途では、フェロモン剤が減るなどして同1.5%減の3億8600万円だった。
 農薬以外の売上高では、ゴルフ場の防除作業や森林用資材などが好調だったため、同15.5%増の4億8500万円となった。
 次期は、▽独自剤の拡販、▽地域特性に対応する製品と環境負荷低減化製品の開発と新規商品の導入、▽農業・森林および緑化部門の普及販売強化、▽受託生産、などに注力し、売上高65億円、営業利益7000万円、経常利益1億5000万円、純利益7000万円を見込んでいる。


(関連記事)

【人事速報】 サンケイ化学 (2月26日付) (2013.01.18)

殺虫剤売上高減り業績予想を下方修正  サンケイ化学 (2013.01.15)

フェロモン剤など落ち込み減収減益 サンケイ化学23年11月期決算 (2012.02.01)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ