農薬 ニュース詳細

2013.07.31 
緑肥作物で線虫防除・減農薬栽培を一覧へ

 土づくり推進フォーラム(事務局:日本土壌協会)は7月30日、東京・一ツ橋の日本教育会館で土づくり推進フォーラムを開いた。

◆ヘアリーベッチ、減肥効果はレンゲの倍

 今回のテーマは「最近の土壌病害、センチュウ害の診断と対策」。
生産資材メーカーや研究者、JAが、最新の研究成果と現場での取り組みを紹介した。
生産者、資材メーカーなど多くの人が参加した 雪印種苗宮崎研究農場長の立花正氏は、「緑肥作物による土壌病害、センチュウ害対策」をテーマに講演。近年、注目されている新たな緑肥作物や、その減農薬・減化学肥料の効果などを紹介した。
 緑肥作物としては、水田裏作に植えられ田んぼ一面に桃色の花を咲かせるレンゲなどが有名だ。春先に作物ごとすき込むことで、土壌の団粒化、保肥力を増やし施肥量を低減させる、微生物相を増やしセンチュウを抑制する、といった効果があるほか、景観向上や防風・防砂効果などもある。
 水田裏作で減肥を可能にする緑肥作物として立花氏が紹介したのがマメ科のヘアリーベッチだ。
 同社は「まめ助」「寒太郎」「藤えもん」などの品種を全国で販売する。レンゲと同程度の窒素を含むが収量がおよそ2倍あるため10aあたりの窒素減肥効果もおよそ倍の8kgになる。また、強い他感作用(アレロパシー)があるため、雑草を抑制する効果もあるという。滋賀県のJAレーク大津ではこれを利用したブランド米も生産している。
 一方、減農薬を実現できるセンチュウ対抗品種として紹介したのはエンバク「ヘイオーツ」、ライムギ「R007」、チャガラシ「辛神」など。なかでも「辛神」はネコブセンチュウの抑制効果のある新品種で、現地試験ではホウレンソウ萎凋病に対して高い効果を示したことを紹介した。

(写真)
生産者、資材メーカーなど多くの人が参加した

 

◆産地一丸の取り組みが大事

 また、野菜産地を代表しJAちばみどり営農センターそうさの大木義郎さんが、同JAのブランド野菜である「ひかりネギ」の土壌病害対策について発表。
 近年、連作やトラクターの移動、冠水・強風などによる土の移動により被害が拡大している黒腐菌核病への対策として、再汚染しない場所での処分、真夏の太陽熱消毒、5月に定植し11〜1月までに出荷を終わらせる作型にする、などの取り組みを紹介し、「産地が一丸となって対応することが肝心」だと強調した。
 そのほか、片倉チッカリン技術顧問の野口勝憲氏が、土中の生物多様性が高ければセンチュウ密度が高くても被害が少ない、といった最近の土壌生物性診断の研究成果を、東京農大の大島宏行助教授が、酸性改良によりホモプシス根腐病を抑制した事例などを報告した。


(関連記事)

24年度は1300人が合格 土壌医検定(2013.07.18)

亜リン酸で農産物の高品質化・収量増 土づくりシンポジウム(2012.12.05)

生産性向上に貢献する土づくりの最新資材  土づくり推進フォーラム(2012.07.30)

・エンドファイトで病害虫防除・多収をめざす  土づくり推進フォーラム(2011.12.06)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ