農薬 ニュース詳細

2014.05.21 
【決算】農薬新規剤の開発すすむ 石原産業一覧へ

 石原産業(株)は5月12日、平成26年3月期の決算を発表した。無機化学事業が市況低迷などの影響で減収減益となったが、農薬を含む有機化学事業は増収となった。全体では、売上高、営業利益は前期を上回ったが、シンガポールの子会社を整理したことによる特別損失を計上したため、78億円の純損失となった。

 売上高は同4.8%増の1052億9300万円、営業利益は同8.8%増の30億3800万円、経常利益は同16.2%減の29億6600万円だった。
 有機化学事業は売上高が同70億円増の503億円、営業利益が同3億円減の54億円だった。このうち農薬事業の売上高は国内は前期を上回り、海外ではブラジルで殺菌剤の販売が減ったが害虫の発生が多かったため殺虫剤がのび、欧州でも殺虫剤、除草剤がのびたほか、円安の影響もあり前期を上回った。一方、利益面では、開発費の増加などがあり減益となった。農薬の新規剤については、開発が順調に進んでおり、当期は新規殺虫剤について主要国での登録申請を終えた。
 次期業績については、世界経済の回復や、農産物の需要拡大による世界的な農薬出荷額増などを背景に、売上高1060億円、営業利益58億円、経常利益34億円、当期純利益21億円と増収増益を見込んでいる。


(関連記事)

【農薬登録情報】4剤が登録取得(4月9日付)(2014.04.14)

【人事速報】石原産業(1月1日付)(2014.01.08)

植物工場・肥料の特許、中国・韓国で急増(2013.09.09)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ