農薬 ニュース詳細

2014.10.21 
日本は世界の最重要国の位置付け バイエル一覧へ

 バイエル ホールディング(株)(ハンスディーター・ハウスナー社長・日本バイエル代表)は、ドイツ・バイエル社の経営委員会からミヒャエル・ケーニッヒ委員(アジア太平洋地域担当)、ケマール・マリック委員(イノベーション担当)を招き、10月16日都内のホテルにおいて、業績とイノベーションについて発表した。

ハンスディーター・ハウスナー社長・日本バイエル代表 この記者会見でバイエル社は、「日本は世界においても最も重要な国」と位置付け、日本での売上高は好調に推移していると説明した。売上高を見ると2012年は2349億円、13年は2688億円、14年1〜6月期で1445億円と順調に推移している。
 分野別では、ヘルスケア製品の売り上げ比率が極めて大きいものの、農業分野(クロップサイエンス)も好調だった。農業関連では、13年末に上市した園芸用殺虫剤「モベント」が北海道で大きく伸びたことや、殺菌剤「イソチアニル」含有の水稲向け製品が順調に成長していることなどが要因だ。
 17年までの高い成長戦略として新しい目標を掲げているが、それによると日本バイエルの売上高は3000億円、研究開発費用として14年〜17年までに600億円を主にライフサイエンス事業に投入する。
 農業関連では、6つの新規有効成分を17年までに上市する予定だ。日本バイエルは、ヘルスケア事業と農業関連事業を梃子に、さらなる成長を図っていく考えだ。
 また、9月24日にバイエルヘルスケアと京都大学産官学連携本部は、2年間の提携契約を結んだ。バイエルの研究注力疾患分野(循環器、腫瘍、血液、婦人科、眼科など)において、共同で創薬研究候補主題を探索するというものだ。
 この提携契約は、京都大学の研究や産学連携活動を活性化させ、バイエルの創薬や開発の専門性と組み合わせることを目的とした、戦略的研究提携に向けた第一歩となる。

(写真)
ハンスディーター・ハウスナー社長・日本バイエル代表

 

(関連記事)

バイエル 農業・ヘルスケアに注力(2014.10.14)

世界の農業投資額、1000億ユーロに バイエル(2014.09.25)

農業関連売上高のびる バイエル(2014.08.20)

芝用殺菌剤「オブテイン フロアブル」バイエル(2014.07.29)

バイエル、小学校で理科実験教室 岩手で初開催(2014.07.16)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ