Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

来夏、豪州で若者農業サミット 招待者を募集中2014年10月24日

一覧へ

 バイエル クロップサイエンス(本社、ドイツ・レバクーゼン)は2015年8月24日?28日までの5日間、豪州・キャンベラで第2回世界若者農業サミットを開催する。現在、サミットの参加者を募集している。

 このサミットは、農業の未来を担うリーダーの育成をめざした同社の教育プログラムのひとつ。今回のテーマは「Feeding a Hungry Planet(地球レベルでの食糧安全保障)」。世界中の人々にいかにして安定的に食糧を供給するかについて、世界中から若者の農業者を集め話し合うのが目的だ。
 現在、世界中からこのサミットへの招待者の募集を行っている。招待者の現地までの旅費、滞在費は同社が負担する。
 応募資格は、農業、環境スチュワードシップ、食糧、世界飢餓、バイオテクノロジー、農業経営に関心を持つ18?25歳までで、第1回サミットに参加しなかった人。応募は、「Feeding a Hungry Planet」をテーマにした英文1500単語以内のエッセイを添え、同サミットのポータルサイトの応募フォームから行う。期限は2015年1月31日まで。


(関連記事)

日本は世界の最重要国の位置付け バイエル(2014.10.21)

バイエル 農業・ヘルスケアに注力(2014.10.14)

世界の農業投資額、1000億ユーロに バイエル(2014.09.25)

農業関連売上高のびる バイエル(2014.08.20)

芝用殺菌剤「オブテイン フロアブル」バイエル(2014.07.29)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る